データウエアハウスのモダナイズとは?Amazon Redshift を活用したモダナイゼーション

皆様が利用されているデータウェアハウス(DWH) は 100% 活用出来ていますか?用途毎に都度構築され、求められる用途も多様になり複雑化していることで課題も出ているのではないでしょうか?このセッションではデータレイクと DWH を連携するモダンなデータ基盤の活用方法について Amazon Redshift を例に紹介します。Amazon Redshift は何故モダンなデータ基盤として選ばれるのか?移行するには何が必要かをご紹介します。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 野間 愛一郎

Download slides

Previous Video
オープニングセッション: AWS のデータ分析サービスの方向性 ~お客様データドリブンビジネスを支える~
オープニングセッション: AWS のデータ分析サービスの方向性 ~お客様データドリブンビジネスを支える~

オープニングセッションでは、AWS が提供しているデータ分析関連サービスの紹介を中心に、AWS が提唱しているデータドリブンビジネスの重要性をご紹介します。クラウドにより多くのテクノロジーが有機的に結合することが可...

Next Video
転職サービスにおけるデータ分析基盤の構築事例
転職サービスにおけるデータ分析基盤の構築事例

スカウト型転職サービス「ミイダス」におけるデータ分析基盤の構築事例についてお話します。 ミイダスではサービスのメインDBとして Amazon Aurora MySQL を活用しています。データ分析基盤の構築以前は、...