データ分析に集中できる!インフラ運用の悩みを、AWS の分析マネージドサービスへのマイグレーションで解決しませんか?

ビジネスにおけるデータ分析のニーズは、リアルタイム性の向上や未来の予測といった高度化が求められる一方で、扱うデータの種類やボリュームは増え続けています。こうしたデータ分析のニーズに応えるために、OSS を活用して分析基盤を構築されていると、分析基盤の構築や運用に時間を取られ、本来の分析業務に集中できないという悩みをお持ちでないでしょうか。本セッションでは、AWS のマネージドサービスで分析基盤を構築するメリット、そしてお客様の環境をマイグレーションするベストプラクティスをご紹介します。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 宮田 直輝

Download slides

Previous Video
Amazon QuickSight で実現するセキュアな BI 環境
Amazon QuickSight で実現するセキュアな BI 環境

IT システムにおいてセキュリティの考慮は欠かせず、こと大量のデータを取り扱うデータの分析環境ではより適切なセキュリティ対策が重要です。フルマネージドの BI サービスである QuickSight では ID 管理...

Next Video
Amazon Elasticsearch Service でつくる全社統合ログ分析基盤
Amazon Elasticsearch Service でつくる全社統合ログ分析基盤

従来 IT 部門に限っていたシステムのログ分析の仕組みを、データを活用するという視点で全社に活用の幅を広げ、サービスの利用改善にもつなげるために全社統合ログ分析基盤として取り組む QUICK の挑戦をご紹介します。...