レイクハウスアーキテクチャと AWS サービス -データを貯めたその後に-

データレイクに貯めたデータを循環させ、有効活用するためにレイクハウスアーキテクチャという考え方があります。本セッションでは、レイクハウスアーキテクチャの概要を説明し、レイクハウスアーキテクチャを実現するための AWS サービスである AWS Lake Formation にフォーカスを当て、統一されたガバナンスを実現させる方法についてユースケースも踏まえてご説明します。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 久保 和隆

Download slides

Previous Video
もうレガシーとは言わせない!Amazon Redshift 最新アップデートご紹介
もうレガシーとは言わせない!Amazon Redshift 最新アップデートご紹介

Amazon Redshift はこの数年で目覚ましい進化をとげています。本セッションでは、パフォーマンス改善やデータ活用に関する、こんな機能がほしかった、がつまった Amazon Redshift アップデート情...

Next Video
Log Analytics ( Elasticsearch, Kinesis ) アプリログもインフラログも IoT センサーデータも分析して可視化できる!AWS のログ分析・可視化ソリューション
Log Analytics ( Elasticsearch, Kinesis ) アプリログもインフラログも IoT センサーデータも分析して可視化できる!AWS のログ分析・可視化ソリューション

『ログは蓄積しているけど蓄積しているだけでうまく活用できてない』『活用しているがコストに課題がある』。このようなセキュリティや運用監視といったケースにおけるログデータの活用や可視化を実現する Amazon Elas...