転職サービスにおけるデータ分析基盤の構築事例

スカウト型転職サービス「ミイダス」におけるデータ分析基盤の構築事例についてお話します。 ミイダスではサービスのメインDBとして Amazon Aurora MySQL を活用しています。データ分析基盤の構築以前は、サービスのログデータを読み込み専用の Aurora インスタンスに格納して活用していました。開発者が慣れている SQL で、ログデータの検索や集計が行えるためです。サービスの成長に伴いログデータ量が多くなり、それによって SQL を使ったデータ抽出に時間がかかるようになりました。その課題を解決するために、S3 を中心としたデータ分析基盤の構築に着手しました。データ分析基盤においては、AWS DMS, Amazon S3, AWS Glue, Amazon Redshift, Amazon QuickSight などの AWS サービスを活用しています。各 AWS サービスの選定理由、活用方法についてご紹介します。

ミイダス株式会社 CTO 大谷 祐司 氏

Download slides

Previous Video
データウエアハウスのモダナイズとは?Amazon Redshift を活用したモダナイゼーション
データウエアハウスのモダナイズとは?Amazon Redshift を活用したモダナイゼーション

皆様が利用されているデータウェアハウス(DWH) は 100% 活用出来ていますか?用途毎に都度構築され、求められる用途も多様になり複雑化していることで課題も出ているのではないでしょうか?このセッションではデータレ...

Next Video
AWS DMS を活用した異種データベース間の継続的レプリケーション
AWS DMS を活用した異種データベース間の継続的レプリケーション

オンプレミスからクラウドへの移行やシステムリプレース時のデータベースエンジンの移行などにおける、AWS DMS の活用事例を多く見かけます。我々 IPG 社では、既存システムを安定的に維持しながら新たな環境で既存デ...