AWS DMS を活用した異種データベース間の継続的レプリケーション

オンプレミスからクラウドへの移行やシステムリプレース時のデータベースエンジンの移行などにおける、AWS DMS の活用事例を多く見かけます。我々 IPG 社では、既存システムを安定的に維持しながら新たな環境で既存データを利用した API サービスやコンシューマサービスの開発ができないかと模索していた中、AWS が提供するデータベースマイグレーションサービスである DMS の機能のうち、異種データベース間でのデータレプリケーションを継続的に行えるという点に着目しました。本セッションでは、我々がなぜこの機能に着目し活用するに至ったか、" DMS を継続的に運用する" という観点で工夫した点や注意しないといけない点など、導入時に検証した実例などを踏まえてご紹介します。

株式会社 IPG 開発部 部長 木村 徹 氏

Download slides

Previous Video
転職サービスにおけるデータ分析基盤の構築事例
転職サービスにおけるデータ分析基盤の構築事例

スカウト型転職サービス「ミイダス」におけるデータ分析基盤の構築事例についてお話します。 ミイダスではサービスのメインDBとして Amazon Aurora MySQL を活用しています。データ分析基盤の構築以前は、...

Next Video
Amazon QuickSight で実現するセキュアな BI 環境
Amazon QuickSight で実現するセキュアな BI 環境

IT システムにおいてセキュリティの考慮は欠かせず、こと大量のデータを取り扱うデータの分析環境ではより適切なセキュリティ対策が重要です。フルマネージドの BI サービスである QuickSight では ID 管理...